鍼(はり)の効果を知っておきたい人生100年時代に生きる私たち!

「鍼って体に良さそうとは聞くけど実際どうなの?」
「ぶっちゃけぎっくり腰になった時ぐらいしかお世話になるイメージがない!」

とお思いの皆さんこんにちは、しのづかきく(@shinozukakiku)です!

今日はそんな鍼灸はじめてさんたちに向けて、鍼は体にどんな効果があるかについてお話ししたいと思います!

[chat face=”s_darui.png” name=”ハムスター” align=”left” border=”none” bg=”blue”]人生100年時代に突入した私たちは自分自身での健康管理が必要になってくると私は考えています。 [/chat]

鍼の効果 その1ー体に鍼が刺さるとツボや皮フから神経を通って内臓や自律神経を整えるよ!

「鍼はなぜ効くの?」

皮膚や筋肉などに分布する感覚神経を刺激して、系脳や脳幹、脊髄などの中枢神経を通って作用すると考えられています。

普段、脳から司令を送って体温を維持したり手足を動かしてごはんを食べたり歩いたりしている私たち。内臓などは自律神経によって自動でコントロールされています。

逆に体の表面に鍼で刺激を与えて内臓や自律神経を整えようとするのが鍼灸で、ツボは長年の研究により特定の症状を改善する効果があると考えられている場所、というわけですね。

例えば胃の調子が悪い、便秘気味、咳が出るなどの症状にもそれぞれ適したツボがあって、私たち鍼灸師は患者さんの体質を見てツボを選びながら施術を行っているんです。

鍼の効果 その2ー鍼が刺さることで作られたごく小さいキズを治そうと体が頑張るから免疫が上がるよ!

髪の毛ほどの太さ(日本人の平均は約0.05~0.15mm)と言われている鍼ですが、刺すことでお体に小さなキズが作られます。マイクロトラウマと呼ばれる小さなキズを治すため免疫反応が起きます。すると血流が良くなり鍼を刺した場所の循環が良くなり、白血球が集まります。

そう!つまり鍼が刺さることによって体の修復作業がはじまり、体を良くする反応が起きるのです!

[chat face=”s_hari1.png” name=”ハリネズミ” align=”left” border=”none” bg=”red”] もちろん鍼で刺したキズはとても小さくて、キズ自体はすぐに治るから安心してね![/chat]

鍼の効果 その3ー痛みを感じる神経をしずめるから鎮痛効果があるよ

鍼には鎮痛効果があると考えられています。

先ほどの中枢神経による鎮痛効果のほかにも、脊髄で痛みを反射的にブロックする作用も持っています。鍼が体の表面にある感覚神経を刺激することで起きるのですが、これは体をどこかにぶつけた時に、自然と痛い所をさするのと何となく痛みが遠のくのと同じ作用です。



「まだ若いから」「鍼灸を受けている人が周りにいない」「腰痛はあるけどぎっくり腰ほどじゃないし」などの理由で鍼灸を受けたことのない方はまだ沢山いると思います。

でも、人生100年時代に突入した私たちは自分自身での健康管理が必要になってくると私は考えているから、ぜひ一度鍼灸の施術を受けてみてほしいです。

よろしくお願いします!

イラスト de ツボ押しシリーズ

https://kamike.net/sankakukyu

https://kamike.net/tsubo-kata

https://kamike.net/tsubo-koshi

https://kamike.net/tsubo-ganseihirou

https://kamike.net/nemuru-tsubo

 

◆ Kamikeはりきゅう院ホームページ
◆ 施術のご予約は予約サイトREZERVAからできます!

お店のロゴです!ブログによく登場する「ハリネズミとハムスター」が目印!

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です