メール

kamikesalon@gmail.com

営業時間

月~土: 10-12時、14-19時

成田空港での出発の遅れにより乗り継ぎ地のタイでペナン行きの飛行機が出発してしまいタイで1泊することになった私たち。空港が用意した「Sleeep Box」という簡易ホテルにチェックインできるのは20時なので、それまで空港内のレストランで時間を過ごすことにしました。

前回の記事はこちらからお読みいただけます!

https://kamike.net/2539-2

スーツケースを持っての移動のため空港外に出る気力のない私たちは、大人しく空港の中でチェックインまでの時間を過ごすことにしました。

ところで私たちのいるタイの「ドンムアン空港(DMK)」は、「スワンナプーム国際空港(BKK)」開港まではタイの主要として利用されていました。現在はエアアジアほかLCC専用空港のようになっているみたいです。国内線ターミナルはフードコートや小洒落たレストラン、会員専用ラウンジなどがあり近代的な作りになっています。

夕食は第2ターミナル4階にあるタイ料理レストランでとりました。もちろん料理は美味しかったしスパイスやハーブも私でもわかるくらい新鮮で美味しいしけど、ごく一般的なお店だったな。

タイ料理レストラン「SILOM VILLAGE RESTAURANT

きくのペナン旅行記(3泊4日) 1日目その2:Sleeep Box(eが1個多い)はエアコン効きすぎ!

空港内にあるタイ料理レストランでトウガラシ効きまくりの夕食を食べて滝汗をかいた間に約束の20時が近づいたので、今日私たちが泊まる航空会社が用意した空港の簡易ホテル「Sleeep Box」へ向かいました。本当ならこれくらいの時間にペナンにいるはずなんだけどな、悲しい…。

Sleeep Boxの受付

受付すると「デポジットが必要です。今回は航空会社がお金を払っているため支払いは不要ですが、そのかわりにあなたのパスポートを預かります。」

え?「ものじち」ってこと??海外ではデポジットが当たり前なので、お金の代わりに大切なものを預かるということなんです。パスポートを持ってないとすっごい心細い…。

Sleep Boxの廊下

部屋はエアコンが効いてて寒く、ボタンもないので調節できない。そしてシャワーのお湯もほぼ水。エアコン効いててお湯が温かいか部屋が暑くてシャワーがぬるくて涼むかのどちらかなら理解できるのですが、エアコン効いててシャワーもぬるい。つまり寒いまま寝なくてはならないのです。

レッグウォーマーやウィンドブレーカーなど持ってきた衣類をありったけ着込んで寝たのは言うまでもありません。こうして私たちのペナン旅行1日目が終わったのです。

[chat face=”s_hari1.png” name=”ずんだ” align=”left” border=”none” bg=”red”] お腹が満たされて旅の疲れもあった私たちは、この後ぐっすり眠ってしまいました。[/chat]

きくのペナン旅行記(3泊4日) 1日目その2:朝食はドンムアン空港第2ターミナル4階の「Magic Garden」で。安い美味しい楽しい!

それよりもっと印象に残ったのが、翌朝の朝食で訪れた同じく4階にある「Magic Garden」という、屋台が並んでいるような雰囲気のフードコート。ここがタイでの滞在でいちばん楽しかったです。

まずシステムが面白かった。
入り口の受付で専用のカードにお金(バーツ)を入金して、それで食べたいものを買い、帰りにまた受付にカードを出すとお釣りを返されます。そう、「Magic Garden」内で買う時は現金が発生しないようになっているのです。

私はどうしてもここでご飯を食べたかったので、このためだけに日本円をバーツに両替するというおバカが発動しました。生暖かい目で見守る旦那。

[chat face=”s_darui.png” name=”おはぎ” align=”left” border=”none” bg=”blue”] ペナン(マレーシア)はリンギットだからバーツは使わないのにね…。[/chat]

ドンムアン空港の両替場に置いてあった招き猫

バーツを手に入れ、ネットで知って気になってたお店へ。そのお店は好きなおかずを選べてご飯がついてきます。おかず1品だと50、2品だと60、3品だと80バーツ。私たちは欲張って3品にしたけれど、それでも日本円にすると約240円。とても安い…!

ここで終わらないのが私のバカっぷり。
私「ねえ、半ライスってできないかな?(ワクワク)」
旦那「ないでしょ!」
私「でも買ってる人のを見てごらん、ご飯が多いみたいよ?」

ご飯は直径10センチはあるだろう深めのお茶碗にご飯をつめてひっくり返したようなドーム型なので、かなりなボリュームであることが予想されました。食べ切れる自信がないので、旦那にグーグル翻訳で「ごはん半分」というタイ語を調べてもらって、そのスマホの画面を店員さんに見せながら注文。

すると通じたらしく、店員さんはお皿にご飯を少なめによそい、これでどう?みたいな感じで私に見せてくれました。やった!

半ライス注文に成功!

そしてめでたく10時50分発の飛行機に乗り、やっとペナンに向かうことになったのです。
つづく…

 

きくのおすすめ「ツボ押し」はコチラ!

【イラストでツボ押し】シリーズ

https://kamike.net/sankakukyu

https://kamike.net/tsubo-kata

https://kamike.net/tsubo-koshi

https://kamike.net/tsubo-ganseihirou

https://kamike.net/nemuru-tsubo

[chat face=”s_icon2.png” name=”きく” align=”left” border=”none” bg=”red”] 読んでいただきありがとうございます![/chat]

 

◆ Kamikeはりきゅう院ホームページ
◆ 施術のご予約は予約サイトRESERVAからできます!

お店のロゴです!ブログによく登場する「ハリネズミとハムスター」が目印!

スポンサーリンク

Kamikeはりきゅう院

東京都豊島区上池袋にある女性専門・予約制のはりきゅう院です

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。