健康コラム

もっと手軽に野菜を摂るには?―冷凍野菜のすすめ

こんにちは!しのづかきく(@shinozukakiku)です!

今朝お見かけした佐倉ゆずかさん(@sakurayuzu0)のツイートに、「野菜を面倒で摂れない、と思っているのであれば冷凍野菜で摂ろう」という内容のものがありました。
これには私も賛成です。

 

「キチンとやらなきゃ」でなくても大丈夫

時に手作りの食べもので心を癒やされるのもいいなと思う私でも、調理にかかる時間さえおしい毎日です。お買い物をするのも、最近はネットスーパーを利用することが多いです。

キチンとしたごはんをと思ってできない自分にイライラがつのるのはイヤですよね。
だから自分に余計なプレッシャーをかけないためにも、冷凍野菜を活用しています。

冷凍庫は冷凍野菜たちに占拠されています。スーパーで購入したほうれん草やいんげん以外に、おみそ汁にいれる玉ねぎ氷とキノコもストックしておくことが多いです。

玉ねぎ氷

玉ねぎ氷とは、玉ねぎを蒸したりチンしてミキサーなどでペーストにしたものを製氷機で凍らせたものです。玉ねぎは日々少しずつ摂ると良いと同級生のお母様に教わり、続けています。おみそ汁に入れるのもいいし、玉ねぎドレッシングにしたりローストビーフのタレにしたり色々使えます。

作り方

◆玉ねぎの皮をむいて4つに切る。
◆ポリ袋にいれて袋をしばらず、電子レンジで600W20分加熱する。
◆汁ごとミキサーに入れ液状にする。
◆製氷機にわけ入れて冷凍する。

ハムスター
ハムスター
体に良いしおいしいよー

キノコ

私の保存状態が悪いのかキノコは置いておくとすぐにシオシオにしなびてしまうので、ほとんど冷凍しています。

とりわけ私はキノコ類が大好きだから毎日食べたくて、シメジやまいたけは買ってすぐ切ったり指でさき、一口サイズにそろえてからポリ袋に入れて冷凍庫に放りこんでおきます。

えのきは袋から出して頭から小さくみじん切りにした後ひらたくして冷凍します。そうするとおみそ汁を作る時にパキッと折って入れることができます。

ハリネズミ
ハリネズミ
毎日キノコがたくさん食べられるよ!
きく
きく
冷凍キノコの種類が増えるとうれしいなー

おすすめの冷凍青菜はずばり小松菜

先日ブログに、日本人はカルシウムをもっと摂ったほうが良いのでは、という思いを書きました。

あわせて読みたい
「煮干しと青菜と硬水」が肉食系日本人に必要な理由こんにちは!しのづかきく(@shinozukakiku)です! 近ごろ糖質制限や肉食系女子などで、お肉や乳製品を食べることに注目が...

火山灰におおわれ土や水質にカルシウムが含まれている量の少ない日本に、戦後欧米から肉食文化が入ってきました。すると、肉を多く食べるようになり体が酸性に傾きやすくなりました。酸性を中和するにはミネラル、特にカルシウムが必要です。

しかし骨ごと食べる魚を摂る機会が減ってしまいお刺身や切り身など食べやすい魚へと好みが変化したため、日本人にはカルシウムが足りていないと考えられます。

また、カルシウムを言うと牛乳を思い浮かべやすいですが、日本人の多くは牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないため、牛乳より小魚やカルシウムを含む青菜をおすすめします。

青菜は小松菜や大根の葉にカルシウムが多く含まれているのですが、冷凍野菜として売られている小松菜が手軽で良いかと思います。

いかがでしたか?
ぜひ手軽な冷凍野菜を活用して野菜をたくさん摂ってくださいね!

◆ Kamikeはりきゅう院ホームページ
◆ 施術のご予約は予約サイトREZERVAからできます!

お店のロゴです!ブログによく登場する「ハリネズミとハムスター」が目印!

ABOUT ME
きく
きく
鍼灸師でゆる絵描きによる働き女子のための美と健康ネタを発信!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です