メール

kamikesalon@gmail.com

営業時間

月火木土: 10AM - 12PM,14PM - 19PM 金10AM - 12PM,14PM - 20PM

こんにちは!しのづかきく(@shinozukakiku)です!

先日黒豆料理についてこんなツイートをしました。

黒豆と聞いて脳裏によぎるのは「シワにならないように煮るべし!」という言葉。私は料理が得意ではないし黒豆を口にするはお正月以外あまりないので、黒豆料理はとってもハードルが高いものでした。そしてお砂糖ぬきの生活をしてるので、黒豆は甘く煮て食べることが多いと私が思い込んでいたことも、腰が思い理由のひとつだと思います。

[chat face=”s_hari1.png” name=”ハリネズミ” align=”left” border=”none” bg=”red”] もっと気軽に黒豆料理を作りたいな[/chat]

そんな私を救ってくれた?!のが、平野レミさんのレシピ「黒豆うっ鶏ご飯」でした。
炊き込みごはんなので、お砂糖は使ってなさそう。黒豆を甘く煮て食べなくていいんだ!と嬉しくなりました。でもこんなに手が込んだものは作れそうにありません(汗)。そこで薄味が好きなオットと手羽元が好きな私の希望をあわせ、レシピを我が家風にアレンジ。「材料は黒豆と手羽元と玄米。そして味つけなし」で作ることにしました!

黒豆はひと晩水につけて柔らかくなるまで煮ておき、鍋に玄米と黒豆、洗った手羽元を好きなだけ敷きつめ玄米の量の1.2倍の水を入れて強火で炊きます。水がなくなってパチパチ音がしたらさらに水を足して、さらに炊きます。最後に蒸らしてできあがり。本当に味つけなしです(笑)。

玄米ご飯の炊き方はクックパッドを参考にしました♪

[chat face=”s_darui.png” name=”ハムスター” align=”left” border=”none” bg=”blue”]ご飯が炊けるまでのんびり待とうね~ [/chat]

できあがり!手羽元からダシが出て味つけなしでも十分に美味しい!煮黒豆の歯ごたえはモチモチでした。ほぼ成功でした。1つ失敗したのは鍋底を焦がしたこと(泣)。もっと上手に炊けるようになりたいです。

シワシワだし煮くずれもありましたが、黒豆料理のレパートリーがひとつ増えて嬉しかったです♪またレシピが増えたら報告します。

[chat face=”s_icon2.png” name=”きく” align=”left” border=”none” bg=”red”] 最後まで読んでくれてありがとうございました![/chat]

 

◆ Kamikeはりきゅう院ホームページ
◆ 施術のご予約は予約サイトREZERVAからできます!

お店のロゴです!ブログによく登場する「ハリネズミとハムスター」が目印!

スポンサーリンク

Kamikeはりきゅう院

東京都豊島区上池袋にある女性専門・予約制のはりきゅう院です

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です