自分語り

私が鍼灸マッサージ師になるきっかけをくれた後輩

こんにちは!しのづかきく(@shinozukakiku)です!

私のブログは健康や体のについて書くことが多いのですが、たまには自分のことも書いてみようかと思います。

少し重い話と感じるかもしれませんが、読んでもらえたら嬉しいです。

私が鍼灸マッサージ師になろうとしたきっかけ、それは1人の後輩の存在です。

彼女のことは、これまでオットぐらいにしか話したことがなくて文章にするのもはじめてです。

何十年かぶりに思い出や気持ちを掘りおこしましたが、不覚にも書きながら涙が止まりませんでした。

私の背番号がほしいと言ってくれた後輩

時は私が中学生の頃にさかのぼります。

私はバスケットボール部にいたのですが、上下関係がしっかりしている部で、年に1度先輩から後輩へ背番号を受けつぐ、というイベントがありました。

次の代の部長を決めるイベントもあったのですが、それと同じくらいバスケ部のみんなにとっては大切なイベントでした。

やり方はまず、後輩が希望する先輩の背番号を、第3希望まで書いて投票します。

もし1人の先輩に希望者が集まった時は、先輩があげたい後輩を選ぶ、というシステムでした。

私は第1希望で尊敬していた先輩の背番号「7番」がもらえたので、すごく嬉しかったのを覚えています。

そして私も先輩の代になり、背番号を後輩にあげる時期がやってきました。

2軍どまりでバスケットボールがそれほど上手くない。

そんな私にも幸い背番号を希望してくれる後輩があらわれ、その子に「7番」の背番号を渡しました。

「彼氏にやせろと言われて」

区立中学校だったのですが、彼女の家と私の家は歩いて5分もかからない近さだったので、よくお土産などを渡しに来てくれることがありました。

私が中学を卒業して高校生になりしばらく経ったころ。
彼女がまたお土産を家に渡しに来てくれました。
ところが…

彼女がげっそり痩せていたのです。

私 「すごく痩せたような気がするけど、どうしたの?」

彼女 「はい!彼氏が痩せろって言うからダイエットしました!」

ほぼガリガリに近いまでに痩せた彼女。
まだ中学生なのに、そんなに痩せちゃって栄養とか大丈夫なのかな?と私は心配していました。

突然のさよなら

しばらくすると同級生から電話があり、その子が突然息をひきとった、と聞きました。

理由は聞いたはずなのですが、ショックでよく覚えていません。

すぐに信じられなくて、しばらくふわふわ実感なく過ごしていました。

しかし何日かして友人たちと彼女のお通夜に足をはこぶと、式が行われている会場のずっと奥のほうに、彼女の写真がありました。

まだふっくらしてる彼女の写真。その時やっと、彼女がいなくなってしまったという事実を
受けとめました。

自分の誕生日がくるたび思い出す

まだ中学3年生の後輩が突然いなくなってしまったことは寂しかったけど、高校1年生の私の中で「死」はまだ漠然としたもので、消化できるものではありませんでした。

歳を重ね、中学3年生だった彼女の年齢と私の年齢がはなれていくと、彼女の存在は心の中で話し相手へと変わっていきました。

自分の誕生日が来るたびに彼女のことを思い出し、元気で生きてることを心の中で報告するようになりました。
「私、今日誕生日だったんだ」
「もう、Yちゃんの何倍も生きてるよ。」
すごく当たり前のことで恐縮なのですが、やがて私は「生きていることって奇跡なんだ」と感じるようになりました。
将来つく職業として、「命や健康にかかわる仕事」つまり医療従事者になりたいと考えるようになりました。高校生の時は看護師はどうだろう?と考えていたのですが、英語が好きだったのと先生のすすめがあったのとで、大学を受験しました。でも医療従事者になる思いはふつふつと心の中にあり、父が鍼灸院に通っていた影響もあって東洋医学に興味を持った私は、大学を卒業したあと鍼灸学校に入って資格をとり、今にいたります。

いかがでしたか?

このできごとが、私が鍼灸マッサージ師になろうと思ったきっかけの1つです。

1人で営業してるので、はりきゅう院で施術できるお客様の数には限りがあると開業したときから感じていました。

だから、うちに来てくれるお客様だけじゃなくて、もっと多くの人に少しでも元気になってもらうにはどうしたらいいかと考え、ブログを書いたりイラストを描いたり、ツイッターを利用していろんなことを発信するようになりました。

ブログやツイッターに書いたことをすぐにやらなくてもよくて、ただ記事を読んでもらうだけで良いです。

そして、いつかどこか痛くなったり体調がすぐれない時に「そういえば、あいつがあんなことを言ってたな」と思い出してくれたら嬉しいです。

ABOUT ME
きく
きく
鍼灸師でゆる絵描きによる働き女子のための美と健康ネタを発信!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です