健康コラム

【養生】5月21日 「小満(しょうまん)」の頃の体に優しい過ごしかた

二十四節気の「小満(しょうまん)」

5月21日~6月4日

小満は二十四節気では夏の2番目にあたる時期です。田畑に植えた作物が育ち始めた頃ですがまだ完全には熟していないため、「(農民の)小さな満足」という意味で小満(しょうまん)と名づけられたという説もあります。

5月下旬になると、天候はさらに暑くなり、南向きの暖かい風が吹き込み、雨が降らなければ、太陽は明るく晴れます。作物は成長するために雨が必要です。降雨量が多いと収穫量が多くなります。

初夏には昼寝がおすすめ

このところ、日照時間がどんどん増えています。日が出るのが早く、落ちるのが遅いため、日中の労働時間が長く、疲れを感じやすいです。昼間に短い時間眠れると、体力を補給し、午後も仕事を続けて補給することができます。

昼寝をすることは活力を集めるのに役立ちます。研究によると、適度で定期的な昼寝はストレスを軽減し、集中力を高め、午後の仕事の効率を改善することができます。では、どのように、また、いつ、どのくらいの時間寝るのが最適なのでしょう?

長さとタイミング

昼寝は、あまり長く眠らない事がポイントです。10〜30分程度で十分ですが、1時間以内で十分です。そうしないと、目覚めたときに不機嫌で不快に感じるでしょう。

シエスタはできるだけ定期的に行う必要があります。理想的な時間は、朝起きてから8時間後、夜寝る前の8時間です。たとえば、6時に起きた人は2時頃です。いずれにせよ、午後3時以降は昼寝をしないでください。そうしないと、昼夜の仕事や休息に影響を与える可能性があります。

不眠症に苦しんでいる場合は、入眠困難を増やさないよう昼寝は避けましょう。胃の膨満感のある人は、昼食後すぐに就寝することはお勧めしません。代わりに散歩してリフレッシュしてください。胃腸の蠕動も刺激できます。

姿勢

うつ伏せで寝ると胃、目、腕の神経が簡単に圧迫される可能性があります。目を覚ますと、手がしびれ、消化が悪くなることがよくあります。逆に仰向けは酸の逆流を起こしやすく、不利です。

昼寝をする最良の方法は、椅子の後ろを傾け、後ろに寄りかかって昼寝をし、クッションを置いて腰を支えることです。睡眠がより快適になります。

忙しくて昼寝ができない場合

ミントティーやローズマリーなどの心をリフレッシュできるお茶を飲む。または、リラクゼーションエクササイズ、瞑想、起き上がって歩く、散歩に行くなどは、午後の疲労を克服するための効果的な方法です。

仮眠の効果に満足できない場合は、「コーヒー仮眠」を試してみてください。コーヒーを飲んだら、すぐに15〜20分お昼寝します。コーヒーを一人で飲んだり、お昼寝したりするよりも、さわやかな効果が得られるそうですよ。

おはぎ
おはぎ
最後まで読んでくれてありがとう!

お店のホームページやネットショップ、SNSへのリンクはこちらから!!
↓↓↓
リンクツリー

お店「Kamikeはりきゅう院」の公式ラインです。友だち追加お待ちしてます!
↓↓↓
友だち追加

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kamikeはりきゅう院
東京都豊島区上池袋にある女性専門・予約制のはりきゅう院です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です