健康コラム

【養生】 3月5日「啓蟄(けいちつ)」の体に優しい過ごしかた

二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」

3月5日は啓蟄(けいちつ)、冬の間土の中でじっとしていた虫が春の陽気に誘われて顔を出すと言われ、本格的な春の訪れを指す頃です。

啓蟄(けいちつ)の体に優しい過ごしかた

ところで、東洋医学では人間の体は四季の周期と5つの要素の理論に密接に関係しているとされ、春は肝に対応します。肝臓に栄養を与え、解毒機能を強化する食品を意識して摂るのが、この時期の体に優しい過ごしかたです。

おすすめの食材

・チンゲンサイ
・ニンジン
・ブロッコリー
・ピスタチオ

チンゲンサイ

肝臓に栄養を与え、無害化し、免疫力を向上させます。 チンゲンサイはカルシウムが豊富で、濃い野菜にはビタミンC、β-カロテン、葉酸が豊富で、しかも植物セルロースが豊富、腸の蠕動を促進し、腸の下剤効果が広いと指摘しました。また、血液循環を促進し、肝臓の解毒機能を強化し、免疫力を強化するのに役立ちます。 東洋医学の立場から見ると、チンゲンサイは熱を取り除く作用があります。便秘や神経過敏がある時には、排便、喉の渇きを癒し、体液を促進するのに役立ちます。
調理するときは、栄養が逃げないよう炒め物にするのがおすすめです。

にんじん

東洋医学的に見るとにんじんの性質は平らで甘く、脾臓の活性化と消化、腸の保湿、肝臓の栄養補給、視力の改善の効果があると言われています。カロチンが豊富で、心臓病や特定の癌の発生を抑制し、目を健康にします。多くの研究で、強力な抗酸化剤であるベータカロチンが、さまざまながんの予防に重要な役割を果たしていることが指摘されています。

カリフラワー

カリフラワーは栄養素が豊富で、細胞を刺激し、抗ガン酵素を生成することもできます。これは、ガンの予防に一定の効果があります。 カリフラワーにはカロテノイドと呼ばれる物質があり、肝臓の解毒酵素の活性を高めます。 しかもカロリーが低く食物繊維が豊富なので、米の一部を食品に置き換えることで、カロリー摂取量を減らし、胃腸の運動を促進して排便を増やし、便秘を防ぐこともできます。

ピスタチオ

ピスタチオは、アントシアニンとルテインを含む栄養価の高い食品で、抗酸化作用があり、網膜を強化し、視力を保護するのに役立ちます。視力の弱い人や過度の目の使用に適した健康食品です。 油分が豊富なピスタチオは下剤効果があり、解毒作用があります。ピスタチオにもレスベラトロール(レスベラトロール)が多く含まれており、赤ワインに次ぐ含有量で、ガンとの闘いや心血管疾患の予防に重要な役割を果たしています。ピスタチオの植物ステロールもナッツの中で最も高く、心臓血管の健康を守ることができます。  肥満を避けるために、味つけしてないピスタチオを選び、1日1握りを超えないようにしてください。

昔の怪我や気持ちの変化も活発に

様々なものが目覚める春、昔の怪我や気持ちの変化も起こりやすくなります。疲れすぎないよう、お体をケアしながら過ごしてください。

 

いかがでしたか?いよいよ春到来!冬の間じっとしていた私たちの体にも大きな変化が訪れる頃です。私もなるべく解毒作用のある食べ物を多く摂って体を労ろうと思います!

 

おはぎ
おはぎ
最後まで読んでくれてありがとう!

お店のホームページやネットショップ、SNSへのリンクはこちらから!!
↓↓↓
リンクツリー

お店「Kamikeはりきゅう院」の公式ラインです。友だち追加お待ちしてます!
↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク
ABOUT ME
Kamikeはりきゅう院
東京都豊島区上池袋にある女性専門・予約制のはりきゅう院です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です